セラミック3D 2.3

異なるエミュレータや仮想マシンを使用しているユーザーには仮想化が必要になるかもしれません。どちらもこのパラメータを含めなくても機能しますが、エミュレータの使用中に高性能が必要な場合は有効にする必要があります。

重要な警告

最初に、お使いのコンピュータが仮想化をサポートしていることを確認することをお勧めします。それがそこにない場合、あなたはBIOSを通してそれをアクティブにすることを試みるあなたの時間を単に無駄にする危険があります。一般的なエミュレータや仮想マシンの多くは、自分のコンピュータが仮想化をサポートしていることをユーザーに警告しています。このパラメータを接続すると、システムの動作がはるかに速くなります。

エミュレータ/仮想マシンを最初に起動したときにこのメッセージが表示されない場合は、次のことが考えられます。

  • テクノロジー Intel仮想化テクノロジ BIOSではすでにデフォルトで接続されています(これはめったに起こりません)。
  • コンピュータはこのパラメータをサポートしていません。
  • エミュレータは、仮想化を接続する可能性について分析してユーザーに通知することはできません。

Intelプロセッサで仮想化を有効にする

このステップバイステップの説明を使用して、仮想化を有効にすることができます(Intelプロセッサ上で実行されているコンピュータにのみ関連)。

  1. コンピュータを再起動してBIOSに入ります。からのキーを使用 F2 まで F12 または 削除する (正確なキーはバージョンによって異なります)。
  2. 今、あなたは要点に行く必要があります 「高度な」。それはまた呼ばれるかもしれません 「統合周辺機器」.
  3. に行く必要があります 「CPU構成」.
  4. そこにあなたはアイテムを見つける必要があります 「Intel仮想化テクノロジ」。この項目が表示されていない場合は、お使いのコンピュータは仮想化をサポートしていません。
  5. そうであるならば、それからそれに反対に立つ価値に注意を払う。する必要があります 「有効にする」。別の値がある場合は、矢印キーを使ってこの項目を選択してを押します。 入ります。正しい値を選択する必要がある場所にメニューが表示されます。
  6. これで変更を保存してBIOSを終了することができます。 「保存して終了」 またはキー F10.

AMDプロセッサで仮想化を有効にする

この場合、ステップバイステップの説明は次のようになります。

  1. BIOSに入ります。
  2. に行く 「高度な」そしてそこから 「CPU構成」.
  3. アイテムに注意を払う 「SVMモード」。向かい合ったら 「無効」それからあなたは置く必要があります 「有効にする」 または 「自動」。値は前の命令と同様に変化します。
  4. 変更を保存してBIOSを終了します。

コンピュータで仮想化をオンにするのは簡単です;あなたがする必要があるのはステップバイステップの指示に従うことだけです。ただし、BIOSにこの機能を有効にする機能がない場合は、サードパーティ製プログラムを使用してこれを実行してはいけませんが、コンピュータのパフォーマンスが低下する可能性があります。

Loading...