JDAST 17.9

Adobe Premiere Proのコンパイルエラーは、ユーザーの間で最も人気のあるものの1つです。作成したプロジェクトをコンピューターにエクスポートしようとしたときに表示されます。このプロセスはすぐに中断することも、一定の時間が経過した後に中断することもできます。問題は何かを見てみましょう。

Adobe Premiere Proをダウンロードする

Adobe Premiere Proでコンパイルエラーが発生する理由

コーデックエラー

多くの場合、このエラーはエクスポートの形式とシステムにインストールされているコーデックパッケージの形式の不一致が原因で発生します。まず、ビデオを別の形式で保存してみます。そうでない場合は、以前のコーデックパックを削除して新しいコーデックパックをインストールします。例えば クイックタイムこれはアドビ製品の製品によく合います。

入る 「コントロールパネル - プログラムの追加と削除」不必要なコーデックパッケージを見つけて、それを標準的な方法で削除します。

それから公式のウェブサイトに行きなさい クイックタイムインストールファイルをダウンロードして実行します。インストールが完了したら、コンピューターを再起動してAdobe Premiere Proを実行します。

十分な空きディスク容量

これは、特定のフォーマットでビデオを保存するときによく起こります。その結果、ファイルは非常に大きくなり、単純にディスクに収まりません。ファイルサイズが選択したセクションの空き容量に対応しているかどうかを確認します。私たちは私のコンピューターに入って見ます。十分なスペースがない場合は、ディスクから超過分を削除するか、別の形式でエクスポートしてください。

またはプロジェクトを別の場所にエクスポートします。

ちなみに、この方法は十分なディスク容量がある場合でも使用できます。時々それはこの問題を解決するのを助けます。

メモリプロパティを変更する

時々このエラーの原因はメモリの不足であるかもしれません。 Adobe Premiere Proプログラムには、その価値をわずかに高める機会がありますが、総メモリ量を基にして他のアプリケーションにある程度のマージンをとらなければなりません。

入る "編集 - 環境設定 - メモリ - RAM利用可能" Premiereに希望の値を設定します。

この場所にファイルを保存する権限がありません。

制限を解除するには、システム管理者に連絡する必要があります。

ファイル名が一意ではありません。

ファイルをコンピュータにエクスポートするときは、一意の名前を付ける必要があります。それ以外の場合は上書きされませんが、コンパイルを含むエラーが生成されます。これは、ユーザーが同じプロジェクトをもう一度保存したときによく発生します。

SourseセクションとOutputセクションのランナー

ファイルをエクスポートするとき、その左側にはビデオの長さを調整する特別なスライダーがあります。それらが完全な長さに設定されておらず、エクスポート中にエラーが発生した場合は、それらをそれらの初期値に設定してください。

ファイルを部分的に保存して問題を解決する

多くの場合、この問題が発生すると、ユーザーはビデオファイルを部分的に保存します。最初にあなたはツールを使っていくつかの部分にそれをカットする必要があります 「ブレード」.

それからツールを使って 「選択」 最初の箇所をマークしてエクスポートします。そしてすべての部品で。その後、ビデオの一部が再びAdobe Premiere Proにロードされて接続されます。多くの場合、問題は消えます。

未知のバグ

他のすべてが失敗した場合は、サポートに連絡する必要があります。 Adobe Premiere Proでは多くの場合エラーが発生するため、その原因は不明な点が多数あります。平均的なユーザーにそれらを解決することは常に可能ではありません。

Loading...