「多すぎるセル形式」を解決するMicrosoft Excelのエラー

ユーザーがWindows 7で使用する最も人気のあるガジェットの1つは天気情報提供者です。その関連性は、ほとんどの同様のアプリケーションとは異なり、最も有用で実用的であるという事実によるものです。確かに、天気情報は多くのユーザーにとって重要です。指定されたガジェットをWindows 7デスクトップにインストールする方法を見つけて、セットアップと使用方法の主なニュアンスを学びましょう。

天気ガジェット

上級ユーザー向けに、Windows 7でガジェットと呼ばれる小さな標準アプリケーションが使用されることは秘密ではありません。それらは1つか2つの可能性に制限された狭い機能性を持っています。これはシステムの要素です 「天気」。それを適用することによって、あなたはユーザーの場所と世界中の天気を見つけることができます。

ただし、開発者サポートの終了により、標準ガジェットを起動するときに問題が発生することが多くあります。 「サービスに接続できませんでした」そして他の不便で。しかし、まず最初に。

パワーアップ

まず、標準の天気予報アプリケーションをデスクトップに表示するように起動する方法を正確に調べます。

  1. デスクトップの何もない場所でマウスの右ボタンをクリックしてオプションを選択します。 「ガジェット」.
  2. ガジェットのリストを含むウィンドウが開きます。オプションを選択 「天気」これは、左マウスボタンでダブルクリックすると太陽の画像として表されます。
  3. 指定されたアクションの後にウィンドウが起動します。 「天気」.

起動時の問題を解決する

しかし、前述のように、起動後、ユーザーは指定されたアプリケーションの領域のデスクトップ上に碑文が表示される状況に遭遇する可能性があります。 「サービスに接続できませんでした」。この問題を解決する方法を理解します。

  1. ガジェットが開いている場合は閉じます。あなたがこれを行う方法がわからない場合は、メカニズムは、このアプリケーションの削除に関するセクションで後述されます。に進む Windowsエクスプローラ次のように、Total Commanderまたは他のファイルマネージャを起動します。

    C:¥Users¥USER¥PROFIL¥AppData¥Local¥Microsoft¥Windows Live¥Services¥Cache

    価値の代わりに 「ユーザープロファイル」 このアドレスは、あなたがあなたのPCで作業するときに使うプロファイル(アカウント)の名前を示すべきです。アカウントの名前がわからない場合は、それを見つけるのはとても簡単です。ボタンをクリック 「スタート」画面の左下隅に配置します。メニューが開きます。右側の上部に、希望の名前が表示されます。単語の代わりに挿入するだけです。 「ユーザープロファイル」 上記のアドレスに。

    使用している場合は、目的の場所に移動する Windowsエクスプローラアドレスバーに結果のアドレスをコピーしてキーを押すことができます 入ります.

  2. それから、システムの日付を数年先に変更します(より多く、より良い)。
  3. 名前のついたフォルダに戻ります。 「キャッシュ」。それはという名前のファイルを含みます 「Config.xml」。システムに拡張子の表示が含まれていない場合は、単に呼び出されます。 「設定」。指定した名前をマウスの右ボタンでクリックします。コンテキストリストが起動されます。その中の項目を選択してください 「変更」.
  4. ファイルを開く 設定 標準のメモ帳を使用します。変更する必要はありません。垂直メニュー項目に移動するだけです。 「ファイル」 表示されたリストで、オプションをクリックします 「保存」。この操作は、一連のショートカットキーに置き換えることもできます。 Ctrl + S。その後、メモ帳ウィンドウを閉じるには、ウィンドウの右上隅にある標準の閉じるアイコンをクリックします。それから私達はコンピュータの日付の現在の価値を戻す。
  5. その後、あなたはアプリケーションを実行することができます 「天気」 我々が以前に考えた方法でガジェットの窓を通して。今回は、サービスへの接続中にエラーは発生しません。希望の場所を設定してください。これを行う方法は、以下の設定の説明を参照してください。
  6. 次へ Windowsエクスプローラ もう一度ファイルをクリックしてください 設定 右クリックコンテキストリストが起動され、そこでパラメータを選択します。 「プロパティ」.
  7. ファイルのプロパティウィンドウが開きます。 設定。タブに移動 「一般」。ブロック内 「属性」 パラメータ付近 「読み取り専用」 目盛りを設定します。をクリック 「OK」.

これで、起動時の問題を解決するための設定は完了です。

フォルダを開くときしかし、多くのユーザー 「キャッシュ」 ファイル Config.xml 判明しません。この場合、下のリンクからそれをダウンロードし、それをアーカイブから抽出し、それを指定されたフォルダに配置し、それからメモ帳プログラムでそれら全ての操作を実行する必要があります。

Config.xmlファイルをダウンロードする

カスタマイズ

ガジェットを起動したら、その設定を構成する必要があります。

  1. アプリケーションアイコンにカーソルを合わせる 「天気」。その右側にアイコンブロックが表示されます。アイコンをクリック 「オプション」 キーの形で。
  2. 設定ウィンドウが開きます。現場で 「現在地を選択」 天気を見たい地域を指定します。設定ボックスにも 「温度を表示」 スイッチを変更して、温度を表示する単位を摂氏または華氏で指定できます。

    これらの設定が終わったら、ボタンをクリックしてください。 「OK」 ウィンドウの下部にあります。

  3. これで、選択した単位で指定された場所の現在の気温が表示されます。また、ここでは曇りの程度もイメージとして表示されています。
  4. ユーザーが選択された地域の天気についてのより多くの情報を必要とするならば、これのためにあなたはアプリケーションウィンドウを増やすべきです。ガジェットの小さなウィンドウ上にカーソルを置き、表示されたツールブロックの中から矢印付きのアイコンを選択します(「大きい」アイコンの上にあります。 「オプション」.
  5. その後ウィンドウは拡大されます。その中には、現在の気温と曇りだけでなく、今後3日間の天気予報が昼と夜ごとに分類されています。
  6. ウィンドウを以前のコンパクトデザインに戻すには、同じアイコンを矢印でクリックする必要があります。今回は名前があります。 「小さい」.
  7. ガジェットのウィンドウをデスクトップ上の別の場所にドラッグする場合は、その領域のいずれかをクリックするか、ボタンをクリックして移動します(「ドラッグガジェット」ツールバーのウィンドウの右側にあります。その後、マウスの左ボタンを押したまま画面の任意の場所に移動する手順を実行してください。
  8. アプリケーションウィンドウが移動します。

場所の問題を解決する

しかし、サービスへの接続の開始に関する問題は、指定されたアプリケーションで作業しているときにユーザーが遭遇する可能性がある唯一の問題ではありません。もう1つの問題は、場所を変更できないことです。つまり、ガジェットは起動されますが、場所として表示されます。 "モスクワ、中央連邦地区" (またはWindowsのさまざまな地域化における地域の別名)

フィールド内のアプリケーション設定で場所を変更しようとする試み 「位置検索」 プログラムは無視され、パラメータは 「自動位置検出」 つまり、スイッチをこの位置に移動することはできません。この問題を解決するには?

  1. ガジェットを閉じて、 Windowsエクスプローラ 次のディレクトリに移動します。

    C: Users USER PROFIL AppData Local Microsoft Windowsサイドバー

    以前のように、値の代わりに 「ユーザープロファイル」 特定のユーザープロファイル名を挿入する必要があります。それを学ぶ方法は上で議論されました。

  2. ファイルを開く "Settings.ini" (「設定」 拡張表示が無効になっているシステムでは、マウスの左ボタンでダブルクリックしてください。
  3. ファイル開始 設定 標準のメモ帳または他のテキストエディタで。ファイルの内容全体を選択してコピーします。これはキーの組み合わせを順番に適用することで実行できます。 Ctrl + A そして Ctrl + C。その後、この設定ファイルはウィンドウの右上隅にある標準の閉じるアイコンをクリックして閉じることができます。
  4. 次に、メモ帳プログラムで空のテキスト文書を起動し、キーの組み合わせを使用します。 Ctrl + V以前にコピーしたコンテンツを貼り付けます。
  5. 任意のブラウザの助けを借りて、サイトに行きます Weather.com。これは、アプリケーションが天気情報を取得する元になるリソースです。検索ボックスに、居住地の名前、見たい天気を入力します。同時にインタラクティブなヒントが以下に表示されます。指定された名前の決済が複数ある場合は、いくつかあるかもしれません。プロンプトの中から、ユーザーの希望に対応するオプションを選択してください。
  6. その後、ブラウザは選択された地域の天気が表示されているページにあなたをリダイレクトします。実際には、この場合、天気自体は私たちの興味を引くことはありませんが、ブラウザのアドレスバーにあるコードには興味があるでしょう。文字の後のスラッシュ行の直後にある式が必要です "l"しかしコロンまで。たとえば、下の図に示すように、サンクトペテルブルクの場合、このコードは次のようになります。

    RSXX0091

    この表現をコピーしてください。

  7. その後、メモ帳で実行しているパラメータを使用してテキストファイルに戻ります。本文では線を探しています 「天気の場所」 そして 「WeatherLocationCode」。見つからない場合は、ファイルの内容が Settings.ini 上記の推奨事項に反して、天気アプリが閉じたときにコピーされました。

    並んで 「天気の場所」 サインの後 "=" 引用符では、居住地の名前と国(共和国、地域、連邦区など)を指定する必要があります。この名前は絶対に任意です。好きなフォーマットで書いてください。あなた自身が問題になっている地域の種類を理解しているという主なこと。私たちはサンクトペテルブルクの例で次の表現を書きます:

    WeatherLocation = "ロシア連邦、サンクトペテルブルク"

    並んで 「WeatherLocationCode」 サインの後 "=" 式の直後に引用符で囲む "トイレ:" 以前にブラウザのアドレスバーからコピーした和解のコードを挿入します。サンクトペテルブルクの場合、行は次の形式になります。

    WeatherLocationCode = "wc:RSXX0091"

  8. それから、天気ガジェットを閉じます。ウィンドウに戻る 指揮者 ディレクトリへ 「Windowsサイドバー」。ファイル名を右クリックしてください。 Settings.ini。コンテキストリストで項目を選択します 「削除」.
  9. 削除したいかどうかを確認するダイアログボックスが表示されます。 Settings.ini。ボタンをクリック 「はい」.
  10. それから先ほど編集したテキストパラメータを使ってメモ帳に戻ります。今我々はそれが削除されたハードドライブの代わりにファイルとしてそれらを保存する必要があります。 Settings.ini。横のメモ帳メニューを名前でクリックします 「ファイル」。ドロップダウンリストで、オプションを選択します。 "名前を付けて保存...".
  11. ファイル保存ウィンドウを実行します。フォルダの中に移動してください 「Windowsサイドバー」。次の式をアドレスバーに入力するだけで簡単に置き換えることができます。 「ユーザープロファイル」 現在の値をクリックしてをクリック 入ります:

    C: Users USER PROFIL AppData Local Microsoft Windowsサイドバー

    現場で 「ファイル名」 書く "Settings.ini"。をクリック 「保存」.

  12. その後、メモ帳を閉じて天気予報ガジェットを起動します。ご覧のとおり、その中の町は、以前に設定で設定した町に変更されました。

もちろん、地球上のさまざまな場所で天気の状態を常に表示している場合は、この方法は非常に不便ですが、ユーザーのいる場所など、1か所から天気に関する情報を受け取る必要がある場合に使用できます。

無効にして削除

それでは、ガジェットを無効にする方法を見てみましょう。 「天気」 または、必要に応じて完全に削除します。

  1. アプリケーションを無効にするには、そのウィンドウにカーソルを合わせます。右側に表示されるツールのグループで、十字の形で一番上のアイコンをクリックします - 「閉じる」.
  2. 指定した操作を実行した後、アプリケーションは閉じられます。

一部のユーザーは、コンピュータからガジェットを完全に削除したいと考えています。これはさまざまな理由、たとえばPCの脆弱性の原因としてそれらを削除したいという願望などが原因である可能性があります。

  1. 指定したアプリケーションを閉じた後に削除を実行するには、ガジェットウィンドウに移動します。アイコンにカーソルを合わせます 「天気」。マウスの右ボタンでクリックしてください。ランニングリストで、オプションを選択します 「削除」.
  2. ダイアログボックスが表示され、そこでユーザが実行した操作について本当に確信があるかどうかを尋ねられます。彼が本当に削除手順を実行したい場合は、ボタンをクリックしてください。 「削除」.
  3. ガジェットはオペレーティングシステムから完全に削除されます。

Microsoftの公式Webサイトでは、ガジェットを使用するためのサポートが拒否されているため、これらのアプリケーションをダウンロードできないため、後で復元するのが非常に困難になることがあります。私たちはサードパーティのサイトでそれらを探す必要があるでしょう、それはコンピュータにとって危険かもしれません。したがって、削除手順を開始する前に慎重に検討する必要があります。

ご覧のとおり、マイクロソフトによるガジェットサポートの中止により、現在アプリケーションを設定しています 「天気」 Windows 7では、多くの困難と関連しています。また、上記の推奨事項に従って実行しても、アプリケーションを起動するたびに設定ファイルのパラメータを変更する必要があるため、完全な機能の復帰を保証するものではありません。より機能的な対応物をサードパーティのサイトにインストールすることは可能ですが、ガジェット自体が脆弱性の原因であること、およびそれらの非公式なバージョンが何度も危険を増すことを忘れないでください。

Loading...