ITools 4.3.5.5

ASUS P5K SEマザーボードは時代遅れのデバイスのカテゴリーに属していますが、ユーザーはまだそれのためにドライバが必要です。それらはさまざまな変種でインストールされており、それぞれについては以下の記事で詳しく説明します。

ASUS P5K SE用のドライバダウンロード

このマザーボードモデルは10年以上前から存在していますが、そのユーザーの間ではまだソフトウェアをインストールする必要があります。重要なのは製造元が正式なサポートを中止しているため、Windows 7以降の互換ドライバでもASUSから入手できない理由です。これに関して、我々は現在の困難を解決するのを助けることができる代替方法を提供する。

方法1:ASUSの公式ウェブサイト

古いバージョンのWindowsがインストールされていて、これがVista以下の場合、公式Webサイトからドライバをダウンロードすることで問題なく利用できます。新しいバージョンのユーザーは互換モードでインストーラを実行することをお勧めしますが、これはさらなる成功したインストールとソフトウェア操作性を保証するものではありません。おそらく以下の方法があなたに適しているでしょうから、これを飛ばして、まっすぐ行ってください。

ASUSオフィシャルウェブサイト

  1. 上記は、会社の公式インターネットリソースを入力するためのリンクです。それを使って、メニューを開く 「サービス」 そしてそこを選択 「サポート」.
  2. 検索フィールドに、問題のモデルを入力します - P5K SE。結果のドロップダウンリストから、私たちのバージョンは太字で強調表示されます。それをクリックしてください。
  3. 商品ページにリダイレクトされます。ここでタブを選択する必要があります 「ドライバとユーティリティ」.
  4. 今すぐあなたのOSを指定します。サポートされているプロセッサの数を増やし、さまざまなエラーを排除するBIOSアップデートファイル、および互換性のあるSSDドライブのリストに加えて、Windows 7以降のドライバがある場合は、それ以外のものは見つかりません。
  5. Windowsを選択した後、対応するボタンで順次ファイルのダウンロードを開始してください。

    以前のドライバのバージョンをお探しの方には、ボタン 「すべて表示」 全リストを展開します。番号、発売日などのパラメータに焦点を当てて、目的のファイルをダウンロードします。ただし、新しいバージョンがインストールされている場合は、次のようにして最初に削除する必要があることを忘れないでください。 「デバイスマネージャ」アーカイブドライバを使用してください。

  6. アーカイブから解凍した後、EXEファイルを実行してインストールを実行します。
  7. 重要なドライバは通常コンピュータの再起動を必要とするので、全体のプロセスはインストールウィザードのプロンプトに従うことになります。

ご覧のとおり、この方法は非常に制限されているだけでなく、時間がかかるため絶対に不便です。しかし、それはユーザにとって最も安全であると考えられており、最新バージョンだけでなく、前のバージョンの1つをダウンロードする機能を提供します。これは、関連すると考えられるものが適切に動作していない状況では非常に重要になります。

方法2:サードパーティプログラム

検索とインストールのプロセスを容易にするために、ドライバの自動選択のための特別なアプリケーションを使うことができます。彼らはPCをスキャンし、そのハードウェアコンポーネントを決定し、そして異なるバージョンのオペレーティングシステム用の関連ドライバを探す。このようなプログラムの利点は、時間を節約することだけでなく、ドライバー検索が成功する可能性も高くなることです。慣習的に、それらはオフライン版とインターネット接続を必要とするものに分けられます。最初のものは、インターネットがまだ設定されておらず、ネットワーク機器用のドライバさえないOSを再インストールした後に便利ですが、全体のソフトウェアベースがユーティリティ自体に組み込まれているため、はるかに重要です。後者はほんの数MBしかかからず、カスタマイズされたネットワークを介して排他的に機能しますが、オフライン検索クライアントは検索効率を上回ることができます。別の記事では、このような最も一般的なソフトウェアソリューションのリストをまとめました。

続きを読む:ドライバをインストールするためのソフトウェア

最も人気のあるものの1つがDriverPack Solutionになりました。シンプルなインターフェースと最大のデータベースのおかげで、適切なドライバを見つけるのは簡単です。使い方を知らない人のために、私たちは別の記事を持っています。

続きを読む:DriverPack Solutionを使用してコンピューター上のドライバーを更新する方法

価値がある代替案はDriverMaxを強調することでしょう - 周辺機器を含む装置の広範な基盤を持つ同様に便利なアプリケーション。

続きを読む:DriverMaxを使用してドライバを更新する

方法3:デバイス識別子

ご存じのとおり、マザーボードにはソフトウェアを必要とするデバイスがいくつかあります。各物理機器には固有のコードが与えられており、私たちはそれを私たち自身の目的のために、すなわちドライバーを見つけるために使うことができます。 IDを決定するのに役立ちます 「デバイスマネージャ」そして、検索 - これらのIDを認識するソフトウェアデータベースを持つ特別なサイト。この方法の説明は以下のリンクにあります。

続きを読む:ハードウェアIDでドライバを検索する

原則として、この方法は最初の方法とほとんど変わらないことに注意する価値があるので、それは最も便利ではないように思えます - あなたは数回同じアクションを繰り返さなければならないでしょう。しかし、最新のドライバまたはアーカイブされたドライバを選択的に検索するときには不可欠かもしれません。また、BIOSのファームウェアはPCの物理的なコンポーネントではないため、見つけることはできません。

方法4:Windowsシステムツール

インターネットを使用して、オペレーティングシステムはそのサーバー上でドライバ自体を見つけ、それを通してインストールすることができます。 「デバイスマネージャ」。この方法は追加のツールを使用する必要がなく、自分ですべてを実行するので場所によってはより便利です。マイナスの - システムは常にドライバを見つけることを管理していない、とインストールされているバージョンが古くなっている可能性があります。しかし、そのような選択肢に頼ることにした場合は、私たちのガイドに慣れることをお勧めします。

続きを読む:標準のWindowsツールを使ってドライバをインストールする

だから、私たちはASUS P5K SEマザーボード用のドライバを見つけるための主なオプションを確認しました。この場合も、ソフトウェアが新しいWindowsと非常に安定して対話できないことに注意する必要があります。そのような場合は、最新の機器を購入するまで現在のOSへの移行を延期することをお勧めします。

Loading...