IPhoneのアクティベーションロックを解除する方法


qt5core.dll動的ライブラリは、Qt5ソフトウェア開発フレームワークのコンポーネントです。したがって、この環境で作成されたアプリケーションを起動しようとすると、このファイルに関連するエラーが表示されます。したがって、問題はQt5をサポートするすべてのバージョンのWindowsで見られます。

qt5core.dll問題の解決方法

他の多くのDLLファイルのクラッシュとは異なり、qt5core.dllに関する問題は特定の方法で解決されています。 1つ目は、エラーの原因となっている実行可能ファイルがあるフォルダー、つまり見つからないライブラリに移動することです。二つ目はQt Creatorと呼ばれるフレームワークを通してアプリケーションを起動することです。このオプションから始めましょう。

方法1:Qtクリエーター

Qt開発者によって配布されたツールで、アプリケーションの作成や他のプラットフォームへの移植のプロセスを容易にします。このプログラムに含まれているのは、DLLの実行に必要なもの、その中にあるもの、およびqt5core.dllです。

Qt Creatorをダウンロードする

  1. プログラムを実行してください。クリック 「ファイル」 メニューで選択 「ファイルまたはプロジェクトを開く」.
  2. 標準ウィンドウが開きます。 「エクスプローラ」 ファイルの選択で。実行したいアプリケーションのソースコードが保存されているフォルダに移動します。これはPROファイルでなければなりません。

  3. それを選択してクリック 「開く」.

  4. ウィンドウの左側に、プログラムコンポーネントが表示されます。これは、ソースコードが正常に開かれたことを示します。

    エラーが発生した場合(プロジェクトが認識されないなど) - 開いているプロジェクトが作成された環境のバージョンがQt Creatorにインストールされていることを確認してください。
  5. それからウィンドウの左下を見てください。モニタアイコンの付いたボタンが必要です - 起動モードを切り替える責任があります。クリックして選択 「リリース」.
  6. KuTi Creatorがファイルを準備するまでしばらくお待ちください。これが起こったら、緑色の三角ボタンをクリックしてください。
  7. 完了 - アプリケーションが起動します。

この方法の不利な点は明白です - 多くの機能のために、初心者開発者はそれを使うことができるでしょう、それは普通のユーザーにとってあまり便利ではありません。

方法2:見つからないライブラリをインストールする

インストールされた環境がなくてもQtで書かれたプログラムを実行することができるおかげで、より簡単なオプション。この方法は一般ユーザーに適しています。

  1. お使いのコンピュータにqt5core.dllをダウンロードし、プログラムが配置されているフォルダに配置します。
  2. アプリを実行してみてください。次のようなエラーがあります。

  3. この場合、見つからないDLLもダウンロードして、qt5core.dllをインストールしたのと同じディレクトリにドロップします。それ以降にエラーが発生した場合は、ライブラリごとにこの手順を繰り返します。

一般に、Qtで書かれたユーティリティの作成者は、必要なDLLがEXEファイルとともに保存されているアーカイブとして配布するか、実行可能ファイルを動的ライブラリに静的にリンクするので、このようなエラーに遭遇することはめったにありません。

Loading...