ラップトップにWindowsを再インストールする

仕事のためにMS Wordを使用することが多い人は、おそらくこのプログラムのほとんどの機能、おそらく頻繁に遭遇することを知っているはずです。この点に関して経験の浅いユーザははるかに困難であり、そして解決策が明白であるように見えるタスクでさえ困難が生じるかもしれない。

これらの単純だが理解できないタスクの1つ - Wordに波かっこを入れる必要がある。これらの中括弧がキーボード上に描かれているという理由だけであれば、これを行うのは非常に簡単であると思われます。ロシア語のレイアウトでそれらをクリックすると、英語の文字「x」と「ъ」が表示されます - 角括弧[...]。それで、あなたはどのように中括弧を入れますか?これにはいくつかの方法がありますが、それぞれについて説明します。

レッスン: Wordで角かっこを配置する方法

キーボード用

1.英語のレイアウトに切り替えます(Ctrl + Shiftキー または Alt + Shift、システム内の設定に応じて)。

2.開きブレースを取り付ける必要がある文書内の場所をクリックします。

3.を押します。SHIFT + x「それ、つまり」SHIFTそして、開きかっこを含むボタン(ロシア語の文字「×”).

4.開き括弧が追加されますので、閉じ括弧を取り付ける必要がある場所をクリックします。

5.をクリックします。SHIFT +アンス” (SHIFT そして閉じ括弧を含むボタン)。

6.閉じ括弧が追加されます。

レッスン: Wordに引用符を入れる方法

メニューを使う 「シンボル」

ご存じのとおり、MS Wordには、文書にも挿入できる膨大な文字と記号のセットがあります。このセクションに表示されているほとんどの文字は、キーボードでは見つけることができません。これは非常に論理的です。ただし、このウィンドウには中括弧もあります。

レッスン: Wordに記号を挿入する方法

1.開きブレースを追加する場所をクリックして、タブに移動します。 「挿入」.

2.ボタンメニューを展開する 「シンボル」グループ内にある 「シンボル」 アイテムを選択 「その他の文字」.

3.ドロップダウンメニューから開いたウィンドウに。 「設定」 選択する 「基本ラテン語」 そして文字のリストを少し下にスクロールします。

4.開きブレースを見つけ、クリックしてクリックします。 「貼り付け」下にあります。

5.ダイアログボックスを閉じます。

6.右中かっこの位置をクリックして、手順2〜5を繰り返します。

7.指定した場所に、中括弧が文書に追加されます。

レッスン: Wordに目盛りを挿入する方法

特別なコードとホットキーを使う

「シンボル」ダイアログボックスにあるすべてのものを慎重に検討した場合、そのセクションに気付いたかもしれません。 「マークコード」目的の文字をクリックすると、4桁の組み合わせが表示されます。数字だけ、または大きなラテン文字を含む数字で構成されています。

これが文字コードであり、それを知っていれば、必要な文字を文書にはるかに早く追加できます。コードを入力したら、コードを目的の文字に変換する特別なキーの組み合わせも押す必要があります。

1.開きブレースがあるべき場所にカーソルを置き、コードを入力します。 “ 007B” 引用符なし。

    ヒント: コードは英語のレイアウトで入力してください。

2.コードを入力した直後にを押します。 “ ALT + X” - それは開きブレースに変換されます。

3.右中かっこを入力するには、英語のレイアウトでも、引用符なしでコード「007D」を入力します。

4.をクリックしますAlt + X入力したコードを右中括弧に変換します。

以上で、Wordに波かっこを挿入できる既存の方法はすべてわかりました。同様の方法が他の多くの記号や文字にも適用されます。

Loading...