IPhoneにGIFを保存する

Windows 10上で実行しているときのセキュリティの感覚とデータ損失に対する保護は、特定のシステム設定の後に初めて達成できます。 Microsoftオペレーティングシステムがユーザーを狙うための特別なモジュールを装備していることは秘密です。 Windows Privacy Tweakerを使用すると、これを迅速かつ効率的に行うことができます。

Windows Privacy Tweakerは、最新バージョンのWindowsオペレーティングシステムのプライバシーとセキュリティ設定を変更するように設計されています。このシンプルなソフトウェアツールを使用すると、侵害されたサービスやサービスだけでなく、さまざまなコンポーネント、モジュール、非常にすばやく無効にすることができます。さらに、アプリケーションはレジストリの脆弱性やその他のオプションを排除する機会を提供します。

リカバリーポイント

Windows Privacy Twickerの助けを借りてラッシュアクションを実行した結果からユーザーを保護するために、このツールの開発者は、ユーティリティが起動される前に実装できるシステム復元ポイントを作成する機能を提供しました。

サービス内容

ユーザー、アプリケーション、および開発者によるオペレーティングシステム全体の追跡は、OSに統合されているさまざまなコンポーネントおよびモジュールの隠された機能を使用して実行されます。そもそも、データの漏洩はサービスとサービスによって促進されます。さまざまな情報を収集したりMicrosoftに送信したりする際に見られるコアOSサービスは、Windows Privacy Tweakerを使用してブロックすることができます。

スケジューラ内のタスク

ユーザーの目から隠されたさまざまな情報の収集を実装するために、マイクロソフトは、特にWindowsタスクスケジューラ10の機能を使用します。これは、異なる時間に実行される特定のタスクを作成し、スケジュールに追加することによって行われます。このような操作を開始するためのシステムへの指示をブロックするために、Twickerにはすべてのタスクまたは個々のタスクを無効にできる別のセクションがあります。特に、このようにして、遠隔測定データの収集はツールを用いて防止される。

レジストリの調整

コンピュータのソフトウェアおよびハードウェアの主および主記憶設定としてのシステムレジストリは、もちろん、Windows 10環境で作業しているユーザのプライバシーレベルに影響を与えるさまざまなパラメータを含んでいます。

伝送チャネルをブロックし、ユーザー、インストールされているアプリケーション、接続されているデバイスおよびドライバに関する情報を収集する機能、およびシステムで実行される操作を無効にする最も効果的な方法は、レジストリに変更を加えることです。これは、Windows Privacy Tweakerの作成者が自分のアプリケーションのユーザーを保護するために使用している手法です。

美徳

  • プログラムはインストールを必要としません。
  • 復元ポイントを作成する機能。
  • レジストリパラメータの自動編集機能

デメリット

  • ロシア語へのインターフェース翻訳はありません。
  • ユーザーコマンドの処理が遅い。

Windows Privacy Twickerは、システムレジストリを含む環境設定を微調整することによって、Windows 10ユーザーのプライバシーとセキュリティを向上させる機会を提供する、かなりシンプルで効果的なツールです。

Windows Privacy Tweakerを無料でダウンロード

公式サイトからプログラムの最新バージョンをダウンロードしてください。

Windows 10のプライバシーフィクサー Windows 10で監視を無効にするためのプログラム W10プライバシー Windows 10用のスパイボットアンチビーコン

ソーシャルネットワークで記事を共有する:
Windows Privacy Tweakerは、OSにインストールされているユーザーの行動やプログラムに関する情報を収集してMicrosoftサーバーに転送する機能を無効にするように設計されたポータブルユーティリティです。
システム:Windows 10
カテゴリ:プログラムレビュー
開発者:PHROZEN SOFTWARE™
費用:無料
サイズ:2 MB
言語:ロシア語
バージョン:2.1

Loading...