HPのラップトップで「起動デバイスが見つかりません」というエラーが表示される

手動でチャートやダイアグラムを作成するのは簡単ではなく、長い時間がかかります。特別なプログラムの助けを借りてこれらのタスクを実行する方がはるかに簡単です。彼らは今十分オンラインです。

Microsoft Visioは、図や図表を作成するための最新のベクトルエディタです。その汎用性のために、それは毎日複雑な計画を作成するプロと通常のユーザーの両方に適しています。私はツールの主な機能を検討することを提案します。

新しい文書を作成する

プログラム内で新しい文書を作成することには特に注意が必要です。これはいくつかの方法で行われます。

1.ユーザーに最も適したテンプレートを選択できます。

2.テンプレートカテゴリを使用します。

あなたは必要なサイトを見つけることができます "Ofice.com"。そこにも分類されています。ここで検索を使用して特定のテンプレートを見つけることができます。

4. Microsoft Visioソフトウェアは他のテキストエディタと対話するので、他のドキュメントから図表を選択できます。

5.最後に、サンプルや後で作成する一連のツールを使用せずに、完全に空のドキュメントを作成できます。この文書作成方法は、すでにプログラムに多少なりとも慣れているユーザーに適しています。初心者は簡単な計画から始めるべきです。

図形を追加および編集する

数字は、すべてのスキームの主成分です。ワークスペースにドラッグするだけでそれらを追加できます。

サイズはマウスで簡単に変更パネルを編集に使用して、色の変更など、図形のさまざまなプロパティを変更できます。このパネルはMicrosoft ExcelやWordに非常によく似ています。

接続図形

さまざまな形状を相互接続できます。これは手動または自動で行われます。

図形やテキストのプロパティを変更する

特別なツールセットを使用して、フィギュアの外観を変えることができます。整列、色、ストロークを変更します。また、テキストとその外観を追加および編集します。

オブジェクトを挿入

Microsoft Visioプログラムでは、標準オブジェクトに加えて、他のもの(図面、図面、図など)が挿入されます。彼らのために、あなたは吹き出しやツールチップを作ることができます。

表示設定

ユーザーの利便性のため、またはタスクに応じて、シートの表示、オブジェクト自体の配色、背景を変更することができます。別のフレームを追加することもできます。

たくさんのオブジェクト

非常に便利な機能は、形状に関連付けることができるさまざまなオブジェクトのスキームへの追加です。これらは、外部からの文書、図面、または凡例(図の説明)です。

作成したスキームの分析

内蔵のツールを使用して、作成した回路をすべての要件に準拠しているかどうか分析できます。

エラー訂正

この機能には、テキストのエラーをチェックするための一連のツールが含まれています。必要に応じて、組み込みのディレクトリを使用したり、翻訳を行ったり、言語を変更したりできます。

ページ設定

作成した文書の表示も簡単に変更できます。スケールの調整、改ページ、ウィンドウの表示などを簡単に行うことができます。

このプログラムを見直しても、私はまだ肯定的な印象を持っています。この製品はMicrosoftの他の編集者にある程度似ているので、作業中に特別な問題を引き起こすことはありません。

美徳

  • ロシア語
  • とてもシンプルなインターフェース。
  • 膨大な数のツール。
  • 広告がない。
  • デメリット

  • なし
  • Microsoft Visio体験版をダウンロードする

    公式サイトからプログラムの最新バージョンをダウンロードしてください。

    マイクロソフトオフィスパブリッシャー Microsoft Wordでグループ図形とグラフィックファイル 電気回路を描くためのプログラム フライングロジック

    ソーシャルネットワークで記事を共有する:
    Microsoft Visioは、Microsoftのオフィススイートに含まれているフル機能のベクトルグラフィックエディタです。
    システム:Windows 7、8、8.1、10、XP、Vista
    カテゴリ:プログラムレビュー
    開発者:マイクロソフト株式会社
    費用:54ドル
    サイズ:3 MB
    言語:ロシア語
    バージョン:2016

    Loading...