Windows 7のスタートアップリストを表示する

自動実行プログラムを使用すると、オペレーティングシステムの起動時に、ユーザーが手動で起動するのを待たずに、それが設定されているアプリケーションを起動できます。これは非常に便利な機能で、システムを起動するたびにユーザーが必要とするアプリケーションを有効にする時間を節約できます。しかし、同時に、ユーザーが必要とするプロセスが常に自動ロードされるわけではありません。したがって、彼らは無駄にシステムをロードし、コンピュータを遅くします。 Windows 7の自動起動リストをさまざまな方法で表示する方法を調べましょう。

Windows 7で自動実行プログラムを無効にする方法も参照してください。

スタートアップリストを開く

自動実行リストは、内部システムリソースまたはサードパーティ製のアプリケーションを使用して表示できます。

方法1:CCleaner

コンピュータのパフォーマンスを最適化するための最近のほとんどすべてのアプリケーションは自動実行リスト操作をサポートしています。そのようなユーティリティの1つがCCleanerプログラムです。

  1. CCleanerを実行してください。アプリケーションの左側のメニューで、キャプションをクリックします 「サービス」.
  2. 開いているセクションで 「サービス」 タブに移動 「起動」.
  3. タブにウィンドウが開きます 「ウィンドウズ」これはあなたのコンピュータにインストールされているプログラムのリストになります。列内の名前に関するアプリケーション 「有効」 価値がある 「はい」オートスタート機能が作動します。値が式である要素 「いいえ」、自動的にロードされるプログラムの数には含まれていません。

方法2:自動実行

システム内のさまざまな要素を自動ロードする作業を専門とする、狭プロファイルのユーティリティAutorunsもあります。その中のスタートアップリストの見方を見てみましょう。

  1. 自動再生ユーティリティを実行します。スタートアップ要素が存在するかどうかシステムスキャンを実行します。スキャンが終了した後、オペレーティングシステムの起動時に自動的にロードされるアプリケーションのリストを表示するには、タブに移動します 「ログオン」.
  2. このタブには、自動ロードに追加されたプログラムが含まれています。ご覧のとおり、自動実行タスクが正確に登録されている場所(システムレジストリセクションまたはハードディスク上の特別なスタートアップフォルダ)に応じて、グループはいくつかのグループに分けられます。このウィンドウでは、自動的に実行されるアプリケーション自体の場所のアドレスも確認できます。

方法3:実行ウィンドウ

組み込みシステムツールを使用してオートロードのリストを表示する方法に目を向けます。まず第一に、これはウィンドウ内の特定のコマンドを指定することで実行できます。 実行する.

  1. ウィンドウを呼び出す 実行する組み合わせを適用することによって 勝ち+ R。フィールドに次のコマンドを入力します。

    msconfig

    クリック 「OK」.

  2. 名前が付いたウィンドウが起動します。 「システム構成」。タブに移動する 「起動」.
  3. このタブはスタートアップ項目のリストを提供します。名前が逆にチェックされているプログラムでは、自動起動機能が有効になります。

方法4:コントロールパネル

さらに、システム設定ウィンドウ、つまりタブ 「起動」コントロールパネルからアクセスできます。

  1. ボタンをクリック 「スタート」 画面の左下隅にあります。スタートメニューで、キャプションをクリックします 「コントロールパネル」.
  2. コントロールパネルウィンドウのセクションに移動します 「システムとセキュリティ」.
  3. 次のウィンドウで、カテゴリ名をクリックしてください。 「管理」.
  4. ツールのリストを含むウィンドウが開きます。名前をクリック 「システム構成」.
  5. システム設定ウィンドウが表示されます。ここで、前の方法と同様に、タブに移動します。 「起動」。その後は、Windows 7の起動項目の一覧を見ることができます。

方法5:自動ロードを使用してフォルダの場所を特定する

ハードディスク上のプログラムの場所へのリンクを含むショートカットは、特別なフォルダにあります。それはあなたがOSの起動時に自動的にプログラムをダウンロードすることを可能にするリンクを持つそれへのそのようなショートカットの追加です。このフォルダへの入り方は理解できます。

  1. ボタンをクリック 「スタート」 メニューで、一番下の項目を選択します - 「すべてのプログラム」.
  2. プログラムの一覧で、フォルダをクリックします 「起動」.
  3. スタートアップフォルダに追加されたプログラムの一覧が表示されます。実際のところ、コンピュータ上にこのようなフォルダが複数存在する可能性があります。各ユーザーアカウントに対して個別に、およびシステムのすべてのユーザーに対して一般ディレクトリに存在します。メニュー内 「スタート」 パブリックフォルダと現在のプロファイルフォルダからのショートカットは、1つのリストにまとめられています。
  4. アカウントの起動ディレクトリを開くには、名前をクリックします。 「起動」 そしてコンテキストメニューでを選択します 「開く」 または 「エクスプローラ」.
  5. 特定のアプリケーションへのリンクを含むラベルがあるフォルダが起動されます。これらのアプリケーションは、現在のアカウントでシステムにログインしている場合にのみ自動的にダウンロードされます。別のWindowsプロファイルを入力しても、指定したプログラムは自動的に起動しません。このフォルダのアドレステンプレートは次のようになります。

    C: Users UserProfile AppData Roaming Microsoft Windows スタートメニュープログラムスタートアップ

    当然、価値の代わりに 「ユーザープロフィール」 システムに特定のユーザー名を挿入する必要があります。

  6. すべてのプロファイルのフォルダに移動したい場合は、名前をクリックしてください。 「起動」 プログラムリストメニュー内 「スタート」 右クリックコンテキストメニューで、その位置で選択を停止します 「すべてのメニューを開く」 または 「全メニューのトータルエクスプローラ」.
  7. ショートカットが配置されているフォルダが開き、オートロードを目的としたプログラムへのリンクが表示されます。これらのアプリケーションは、ユーザーがログインしているアカウントに関係なく、オペレーティングシステムの起動時に実行されます。 Windows 7のこのディレクトリのアドレスは次のとおりです。

    C: ProgramData Microsoft Windows スタートメニュープログラムスタートアップ

方法6:レジストリ

しかし、ご覧のとおり、すべてのスタートアップフォルダに組み合わされているショートカットの数は、スタートアップリスト内のアプリケーションよりはるかに少なく、システム構成ウィンドウまたはサードパーティ製ユーティリティを使用して確認しました。これは、自動実行が特別なフォルダだけでなくレジストリのブランチにも登録できるという事実によるものです。 Windows 7のシステムレジストリのスタートアップエントリを表示する方法を見つけましょう。

  1. ウィンドウを呼び出す 実行する組み合わせを適用することによって 勝ち+ R。そのフィールドに式を入力します。

    Regedit

    クリック 「OK」.

  2. レジストリエディタを起動します。ウィンドウの左側にあるレジストリキーへのツリーガイドを使用して、に行きます。 HKEY_LOCAL_MACHINE.
  3. 開いたセクションのリストで、タイトルをクリックしてください。 「ソフトウェア」.
  4. 次にセクションへ 「マイクロソフト」.
  5. このセクションで、開いているリストの中から、名前を探します 「ウィンドウズ」。それをクリックしてください。
  6. 次に名前で行く 「現在のバージョン」.
  7. 新しいリストで、セクション名をクリックしてください。 「実行」。その後、システムレジストリのエントリを介して自動ロードするために追加されたアプリケーションの一覧がウィンドウの右側に表示されます。

結局のところ、特にあなたがあなたの知識とスキルに自信がない場合には、レジストリエントリを通して入力されたオートロードアイテムを見るためにこの方法を使用しないことを実質的な必要性なしにお勧めします。これは、レジストリエントリへの変更がシステム全体に非常に悲しい結果をもたらす可能性があるためです。したがって、この情報を表示するには、他社製のユーティリティを使用するか、システム設定ウィンドウを使用してください。

ご覧のとおり、Windows 7オペレーティングシステムでスタートアップリストを表示するにはいくつかの方法がありますが、これに関する完全な情報は、他社製のユーティリティを使用して取得する方が簡単で便利です。しかし、追加のソフトウェアをインストールしたくないユーザーは、組み込みのOSツールを使用して必要な情報を学ぶことができます。

Loading...