Microsoft Excelでの変動係数の計算

数列の主な統計的指標の1つは、変動係数です。それを見つけるために、かなり複雑な計算が行われます。 Microsoft Excelのツールは、ユーザーにとって非常に簡単です。

変動係数の計算

この指標は、算術平均に対する標準偏差の比率です。結果はパーセントで表されます。

Excelでは、この指標を計算するための別の関数はありませんが、標準偏差と一連の数値の算術平均を計算するための式があります。つまり、変動係数を見つけるために使用されます。

ステップ1:標準偏差を計算する

標準偏差、または別の言い方をすれば標準偏差は、分散の平方根です。この関数は標準偏差を計算するために使用されます。 スタンドクローン。 Excel 2010のバージョンから始めて、総人口に応じて、計算またはサンプルが2つの別々のオプションに実行されるかどうかによって、それは分けられます。 STANDOCLON.G そして STANDOWCLON.V.

これらの関数の構文は次のとおりです。


= STDEV(数値1;数値2; ...)
= STDEV.G(数値1;数値2; ...)
= STDEV.V(数値1;数値2; ...)

  1. 標準偏差を計算するには、シート上の任意の空きセルを選択します。計算結果を表示するのに便利です。ボタンをクリック 「挿入機能」。アイコンのように見え、数式バーの左側にあります。
  2. アクティブ化中 機能マスタこれは引数のリストを持つ別のウィンドウとして実行されます。カテゴリーへ 「統計的」 または 「全アルファベット順リスト」。名前を選んでください "STANDOTKLON.G" または "STANDOTKLON.V"母集団と標本のどちらを計算するかによって異なります。ボタンを押す 「OK」.
  3. 関数の引数ウィンドウが開きます。 1から255までのフィールドを持つことができ、これには特定の番号とセルまたは範囲への参照の両方を含めることができます。フィールドにカーソルを合わせる "ナンバー1"。マウスはシート上で処理する必要がある値の範囲を選択します。そのような領域が複数あり、それらが互いに隣接していない場合は、次の領域の座標がフィールドに表示されます。 "ナンバー2" など必要なデータをすべて入力したら、ボタンをクリックしてください。 「OK」
  4. 事前に選択されたセルには、選択されたタイプの標準偏差の計算結果が表示されます。

レッスン: エクセル標準偏差式

ステップ2:算術平均を計算する

算術平均は、数値系列のすべての値の合計に対するそれらの数の比です。この指標を計算するために、別の関数もあります - 平均。特定の例でその値を計算します。

  1. 結果を表示するには、シート上のセルを選択します。私たちはすでに身近なボタンを押します。 「挿入機能」.
  2. 機能マスタの統計的カテゴリでは、名前を探します。 "SRZNACH"。選択後、ボタンをクリックしてください。 「OK」.
  3. 引数ウィンドウが起動します。 平均。引数は、グループ演算子の引数とまったく同じです。 スタンドクローン。つまり、個々の数値と参照の両方がそれらとして機能することができます。フィールドにカーソルを合わせる "ナンバー1"。前の場合と同様に、必要なセルのセットをシート上で選択します。それらの座標が引数ウィンドウのフィールドに入力されたら、ボタンをクリックしてください。 「OK」.
  4. 算術平均の計算結果は、開始前に選択されたセルに表示されます。 機能マスタ.

レッスン: Excelで平均値を計算する方法

ステップ3:変動係数を見つける

これで、変動係数自体を直接計算するために必要なデータがすべて揃いました。

  1. 結果が表示されるセルを選択してください。まず第一に、変動係数はパーセント値であることを考慮する必要があります。これに関しては、セルフォーマットを適切なものに変更する必要があります。これはタブ内にあり、それを選択した後に行うことができます。 「家」。ツールボックスのリボン上のフォーマットフィールドをクリックします 「番号」。オプションのリストから、 「興味」。これらの操作の後、要素の形式は適切になります。
  2. 結果を表示するためにセルに戻ります。マウスの左ボタンをダブルクリックして有効にします。彼女のマークを入れる "="。標準偏差の計算結果が配置されている要素を選択します。 「分割」ボタンをクリック (/) キーボードで。次に、指定した数列の算術平均があるセルを選択します。値を計算して表示するには、ボタンをクリックしてください。 入ります キーボードで。
  3. ご覧のとおり、計算結果は画面に表示されます。

このように、標準偏差と算術平均がすでに計算されているセルを参照して、変動係数を計算しました。しかし、これらの値を別々に数えることなく、少し違ったことをすることができます。

  1. 結果が表示されるパーセントフォーマット用にフォーマット済みのセルを選択します。その中にタイプ別の式を規定します。

    = STDEV.V(値の範囲)/ AVERAGE(値の範囲)

    名前の代わりに 「値の範囲」 数値系列が配置されている領域の実座標を挿入します。これは単にこの範囲を強調表示することによって行うことができます。演算子の代わりに STANDOWCLON.Vユーザーが必要だと考えている場合は、この機能を使用できます。 STANDOCLON.G.

  2. その後、値を計算してモニタ画面に結果を表示するには、ボタンをクリックしてください。 入ります.

条件付きの区別があります。変動係数が33%未満であれば、数の全体は均質であると考えられる。反対の場合、それを異種として特徴付けることが慣例である。

ご覧のとおり、Excelプログラムを使用すると、変動係数の検索などの複雑な統計計算の計算を大幅に簡素化できます。残念ながら、このアプリケーションには、この指標を1回のアクションで計算する機能はまだありませんが、オペレータの助けを借りて スタンドクローン そして 平均 この作業はとても簡単です。したがって、Excelでは、統計パターンに関する高度な知識を持たない人でも実行できます。

Loading...