Vcomp110.dllライブラリのトラブルシューティング

vcomp110.dllは、Microsoft Visual C ++のコンポーネントです。これは、複数のプログラムで同じ機能を同時に実装できる動的ライブラリです。たとえば、これはMicrosoft Word、Adobe Acrobatなどでの文書の印刷です。システムにvcomp110.dllがない場合、エラーが発生し、対応するソフトウェアが起動しないことがあります。

vcomp110.dllに関するエラーを解決するためのオプション

ライブラリはその構成に含まれているので、簡単な解決策はMicrosoft Visual C ++を再インストールすることです。特別なソフトウェアを使用したり、インターネットからダウンロードすることもできます。

方法1:DLL-Files.comクライアント

アプリケーションは自動的にDLLファイルのエラーを修正します。

DLL-Files.com Clientをダウンロード

  1. ソフトウェアを実行してライブラリの名前を入力します。

  2. をクリック "Vcomp110.dll".

  3. クリック 「インストール」.
  4. 原則として、プログラムは自動的にオペレーティングシステムのビット幅を決定し、最も適切なバージョンのライブラリをインストールします。

方法2:Microsoft Visual C ++をインストールする

Microsoft Visual C ++は、Windowsアプリケーション開発環境です。

Microsoft Visual C ++をダウンロードする

  1. インストーラを実行し、適切なボックスをクリックしてライセンス条項に同意します。それからクリック 「インストール」.
  2. 次のウィンドウでは、インストールプロセスを観察します。
  3. インストールが完了したら、再起動が必要です。そのためには、をクリックする必要があります。 「再起動」。後でこの操作を実行する必要がある場合は、ボタンをクリックしてください。 「閉じる」.
  4. すべて準備が整いました。

方法3:vcomp110.dllをダウンロードする

インターネット上の信頼できるリソースからDLLファイルをダウンロードし、それを特定のディレクトリにコピーします。実装を成功させるためには、DLLをインストールするプロセスを詳細に説明した記事を読んでください。

コンピュータを再起動してください。以前のようにエラーが表示された場合は、このリンクをたどって、DLLの登録方法に関する情報を見つけることができます。

64ビットバージョンのWindowsでは、32ビットDLLファイルはデフォルトでシステムディレクトリにあります。 "SysWOW64"、そして64ビット - 「システム32」.

Loading...