Photoshopでオブジェクトをカットした後にエッジを滑らかにする方法


多くの場合、オブジェクトをその端に切り取った後、それは私たちが望むほど滑らかではないかもしれません。この問題はさまざまな方法で解決できますが、Photoshopでは、選択を調整するためのほとんどすべての機能を吸収した非常に便利なツールが1つ提供されています。

この奇跡はと呼ばれます 「エッジを絞り込む」。このチュートリアルでは、Photoshopでエッジをカットした後にエッジを滑らかにする方法を説明します。

このレッスンの一部として、このような記事は既にサイトに掲載されているので、オブジェクトを切り取る方法は示しません。このリンクをクリックして読むことができます。

そのため、オブジェクトを背景からすでに分離しているとします。この場合、それは同じモデルです。何が起こっているのかをよりよく理解するために、私は特にそれを黒い背景の上に置いた。

お分かりのように、私はかなり容認できる女の子を切り取ることに成功しました、しかしこれは私達が平滑化技術を学ぶことを妨げるものではありません。

ですから、オブジェクトの境界を処理するためには、それを選択し、そして正確にする必要があります。 「選択範囲を読み込む」.

オブジェクトを含むレイヤーに移動し、キーを押したままにします CTRL そして女の子がいるレイヤーのサムネイルを左クリックします。

ご覧のとおり、モデルの周囲には選択項目が表示され、それを使って作業を進めます。

さて、 "Refine Edge"機能を呼び出すためには、まずグループのツールの一つを起動する必要があります。 「ハイライト」.

この場合のみ、関数を呼び出すボタンが利用可能になります。

プッシュ...

リスト内 「表示モード」 最も便利なビューを選択して次に進みます。

機能が必要になります 「スムージング」, 「羽」 そして多分 「シフトエッジ」。順番に取りましょう。

「スムージング」 選択角度を滑らかにすることができます。これらは鋭いピークまたはピクセルの「はしご」です。値が大きいほど、スムージング半径は大きくなります。

「羽」 オブジェクトの輪郭に沿ってグラデーションの境界線を作成します。グラデーションは透明から不透明まで作成されます。値が大きいほど、枠は広くなります。

「シフトエッジ」 設定に応じて選択エッジを一方または他方の側に移動します。カットプロセス中に選択範囲内に入る可能性のある背景の領域を削除できます。

教育目的のために、私は効果を見るためにより多くの値を設定します。

それでは、設定ウィンドウに行き、希望の値を設定してください。もう一度、私の価値観は高すぎるでしょう。あなたはあなたのイメージの下でそれらを拾います。

選択範囲で出力を選択してクリック わかりました.

次に、不要なものをすべてカットする必要があります。これを行うには、ショートカットキーで選択を反転します。 Ctrl + Shift + I そしてキーを押す DEL.

選択は組み合わせによって削除されます Ctrl + D.

結果:

Kaさん、すべてが非常に「スムーズ」になっています。

ツールを使用した作業中の少しの間。

人々と仕事をするときのぼかしの大きさは大きすぎてはいけません。 1-5ピクセルの画像サイズによります。

平滑化はまた、細部をいくつか失う可能性があるため、悪用されるべきではありません。

オフセットエッジは必要なときにだけ使うべきです。代わりに、オブジェクトをより正確に再選択することをお勧めします。

私は(この場合)そのような値を設定するでしょう:

これは、切除の軽微な欠陥を取り除くのに十分なものです。
結論:ツールは存在し、ツールは非常に便利ですが、あまり信頼しないでください。あなたのペンのスキルを練習すれば、Photoshopを苦しめる必要はありません。

Loading...